沿革
大正11年 (1922)  4月
宮城県仙台市に林業試験場仙台支場設立。

大正13年 (1924) 12月
官制の改正により廃止。

昭和10年 (1935) 11月
広葉樹利用開発試験のため,山形県最上郡及位村釜淵に釜淵試験地設立。

昭和13年 (1938)  1月
林野資源の利用開発のため岩手県岩手郡巻堀村好摩に好摩試験地設立。

昭和22年 (1947)  4月
林政統一にともなう機構改革によって,青森・秋田の営林局所在地にそれぞれ青森支場,秋田支場が設けられ,好摩・釜淵試験地はそれぞれ青森支場好摩分場,秋田支場釜淵分場となる。

昭和34年 (1959)  7月
支場整備計画により青森支場,秋田支場が廃止され,岩手県岩手郡玉山村好摩(好摩分場)に林業試験場東北支場が設けられ,釜淵分場は東北支場山形分場と改められた。

昭和35年 (1960) 12月
新庁舎の落成とともに盛岡市下厨川に移転,同時に岩手県岩手郡玉山村好摩に東北支場好摩試験地設立。

昭和37年 (1962)  3月
好摩試験地廃止。

昭和53年 (1978)  4月
組織改変により山形分場が廃止され山形試験地と改められた。

昭和63年 (1988) 10月
組織改変により東北支場が廃止され森林総合研究所東北支所と改められた。

平成13年 (2001)  4月
独立行政法人森林総合研究所東北支所となる。

Copyright ©  Tohoku Research Center of  Forestry and Forest Products Research Institute, All Rights Reserved.