SUMMER SCIENCE CAMP 2011
独立行政法人 科学技術振興機構 主催のサマーサイエンスキャンプが、
平成23年7月27日(水)〜29日(金)まで当支所で開催されました。

画像 メモ画像 メモ
開講式・オリエンテーション−1
「到着したばかりで、まだ、表情が硬いです。」
開講式・オリエンテーション−2
アドバイザーの先生のあいさつ 引率担当の方のあいさつ
自己紹介−1
「皆さん緊張しているようです。」
自己紹介−2
自己紹介−3 自己紹介−4
講師あいさつ
「東北支所が誇る研究員です。」
さっそく講義が始まりました。
「マツノザイセンチュウとマツ材線虫病について」
熱心に受講しています。
「初めての話で、ちょっと難しいかな?」
班分けがすみました。−1
「私が、担当者です。」
班分けがすみました。−2 班分けがすみました。−3
枯れ木から試料を採取します。
「電動ドリルを使うので気をつけてね。」
まずは、試料を入れるビニール袋を準備します。
試料採取−1
「慎重です。」
試料採取−2
試料採取−3 撮試料採取−4
試料採取−5 試料採取−6
試料が採取されました。 試料から線虫の抽出をします。−1
「ベールマンロート法」です。
試料から線虫の抽出をします。−2 ピンチコックでしっかりと留めて下さい。
濾紙に試料を入れて水で浸して下さい。−1 濾紙に試料を入れて水で浸して下さい。−2
濾紙に試料を入れて水で浸して下さい。−3 1日目の実習は、終了したので、生きたマツノマダラカミキリに触ってみました。
2日目の実習開始です。
「線虫が抽出されているか確認しましょう。」
線虫懸濁液の採取−1
(こぼさないように慎重に)
線虫懸濁液の採取−2
(うまくいっているかな)
顕微鏡で観察−1
「マツノザイセンチュウは、1mmほどの長さです。」
顕微鏡で観察−2
(いるかな)
顕微鏡で観察−3
(どうおう)
顕微鏡で観察−4
(いたいた)
顕微鏡で観察−5
「線虫が確認できたら1匹ずつ釣り出します。」
釣り出し-2
(難しい・・・)
釣り出し-3
(よしうまくいった)
釣り出し-4
(焦点をうまく調節しながら)
実習−2:マツ材線虫病診断キットを使ったマツノザイセンチュウの検出
「マツノザイセンチュウのDNAの有無で診断する方法です。」
マイクロピペットは、このように使います。
(手袋がうまく入らない・・・)
DNAの抽出−1
「試料をDNA抽出液に浸します。」(むずかしいな)
DNAの抽出−2
(みんなで協力して)
DNAの抽出−3
「だいぶ慣れてきました」
DNAの抽出−4
「うまくなりました。」
DNAの抽出−5
(試料が混じらないように注意して)
DNAの抽出−6
「約55度で20分、94度以上で10分間保温します。するとDNA抽出液ができます。」
    (うまくいきますように)
DNAの抽出−7
「保温後、遠心分離機に掛けます。」
DNAの抽出−8
「DNA抽出液の一部を検出液が入ったチューブに加えます。」
DNAの抽出−9<
(反応は、おこるかな)/A>
DNAの抽出−10
「マツノザイセンチュウのDNAが存在するときにだけ特異的に反応がおこります。」
DNAの抽出−11
「チューブを約63度で60分保温します。」
DNAの抽出−12
「保温が終わる間、スズメバチの巣や昆虫標本を見ました。」
DNAの抽出−13
(さあ、保温が終わったぞ)
DNAの抽出−14
「液体が緑色の蛍光色を示していれば陽性(試料の中にマツノザイセンチュウのDNAが存在する)を意味します。」
DNAの抽出−15
(さあ、結果はどうかな)
DNAの抽出−16
(この結果で良いのかな)
DNAの抽出−17
(予想どおりの結果かな)
交流会−1
「質素ですが、交流会を開催しました。」
交流会−2
「実習も終わって、一安心です。」
交流会−3
「屋外では、鉄板焼きをしました。野菜だけが載っています。」
交流会−4
「こちらは網焼きで、肉しか載っていません。」
交流会−5
「こちらにも肉が載りました。」
交流会−6
(おにぎりもなかなかです。)
交流会−7
「遠慮しないで食べて。」
交流会−8
「ここまでの感想や、学校や地元のこと、そして将来の夢などを話してもらいました。」
交流会−9
「交流会終了です。」
3日目:成果発表会
「班ごとに昨日までの実習の成果を発表してもらいます。」
成果発表会準備−1
(どうしますか)
成果発表会準備−2
(こう書いて・・・・)
成果発表会準備−3
(切り貼りは、こうして・・・)
成果発表会準備−4
(う〜ん・・・)
成果発表会準備−5
(時間がないぞ、急げ!急げ!)
成果発表会準備−6
(何とか間に合ったぞ)
成果発表会−1
「いよいよ発表の開始です」
成果発表会−2
「1班は、最初でちょっと緊張しています。」
成果発表会−3
「ちょっと厳しい講評だったかな。でも内容は立派でした。」
成果発表会−4
「今度は、3班の発表です。」
成果発表会−5
(発表は楽しいです。:本人談)
成果発表会−6
「講評を真剣に聞き入っています。」
成果発表会−7
「最後の2班です。」
成果発表会−8
(実験結果から・・・)
成果発表会−9
(マツノザイセンチュウを駆除するには・・・)
成果発表会−10
「実習の結果です。」
成果発表会−11
「終わって一安心です。」
閉講式−1
「支所長のあいさつ」
閉講式−2
「どことなく雰囲気が和らいでいます。」
閉講式−3
「修了証を全員に授与しました。画像は、2名の方を掲載します。」
閉講式−4
「修了証の授与です。」
閉講式−5
「アドバイザーの先生からの講評です。」
帰途−1
「お疲れ様、よく頑張ったね。」
帰途−2
「慌ただしく、帰途へ」
帰途−3
「気を付けて帰ってね。」
帰途−4
(さあ、帰れるぞ)
帰途−5
「一足先に帰るお友達の見送りです。」
帰途−6
「いよいよお別れです。」
帰途−7
「皆さんこれからも元気でがんばって自分の夢を叶えて下さい。森林総研東北支所へようこそ。」