安比二酸化炭素動態観測施設
 
 
 近年,産業活動などに伴って二酸化炭素の排出量が増大し,
その温室効果によって地球環境が温暖化するのではないかと
心配されており,その防止対策が急がれています。
 
 森林は炭酸同化作用によって二酸化炭素を吸収・固定していますが,
その能力を明らかにするために,樹種や気候条件などの異なる全国6箇所
観測タワーを設置し,二酸化炭素の変動を観測しています。
 
 観測タワー(高さ30m)には,ブナ林と上空の大気との間の
二酸化炭素のやりとりを観測するため,二酸化炭素の取り入れ口のほか,
超音波風速計温度湿度計放射計などの気象観測装置が取り付けられています。
 
これらの観測結果を観測小屋に設置されたデータ収録・解析装置に集め,
乱流変動法と呼ばれる手法を用いて解析し,ブナ林における二酸化炭素の
吸収・固定量を明らかにします。

詳細については,「FFPRI FluxNET」をご覧下さい。