平成13年6月21日(木)
盛岡市立
下橋中学校(2学年)の皆さん

平成13年6月21日(木)に岩手県盛岡市立下橋中学校2年生のみなさん(6人)が,
職場訪問ということでお見えになりました。

当日は,環境教育機能評価チーム,森林資源管理研究グループの研究員の案内で,
研究所の概要説明の後,標本展示室など研究所内を見学して頂きました。
続いて,環境に配慮した研究事例を紹介し,中学生のみなさんからの
「環境に配慮していることをおしえてください。」
「地球全体を守るために中学生にできることはありますか?」
などの質問にお答えしました。
答えに窮するような質問もあり当研究所の研究員も良い勉強になったようです。
質問に時間を費やしてしまったため,最後に実際に色々な測定機器を使って
木の高さ(樹高)を測定して頂く予定でしたが時間の都合で出来なくて残念でした。

今回の訪問のねらいのひとつである
−「環境」に対する各職場の考え方や努力を知り、自らの生活を見直したり改善への認識を深める
機会とする。−
の一助になれば幸いです。


職場訪問の様子 何をしているのでしょうか?職場訪問の様子 何をしているのでしょうか?
まずはごあいさつ 研究所ではこのように多様な研究が進められています。
東北支所での最近の研究成果は,このような形で広報しています。 研究室の様子をそっとのぞいてみましょう。
ここは展示室です。パネルや標本をみてください。 雪の中で木が育つには,こんな問題があるのです。
ここは鳥類の展示です。 環境に配慮した研究としては「持続可能な森林経営の研究」があります。
地球全体を守るために中学生にできることはありますか? 将来の自分たちの生活や社会がどうなっていったらよいのか勉強してください。